06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ラムとモモ+レオとトラの気分は上々♪

ラムとモモ+レオとトラの日常をつづります。あと、うちで起こったいろいろな出来事なども・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

お任せします。 

今日の午前中の診察時間帯に、トラくんの面会に行くことにしていた。

行ってきたよ。でも、12時ちょっと前くらいかな。

昨日の朝、薬を飲んだのが、7時半。切れて、痛みの症状がでて、先生、何か分かったかな。と思って。

午後1時まで診察時間帯だから、それまで病院にいさせてもらえるのか、分からなかったけど。


結果、めっちゃ元気。室内をぐるぐる散歩してみた。全く異常なし。

「外へ散歩に行かれてもいいですよ」と言われたが、うち、夏場は涼しい朝しか散歩しないんです。

・・過保護ですか。なんだかすみません。

そして、座ってトラくんをずっと見ていた。

私にお尻を向けて、伏せした状態がずっと続いた。だんだん足のほうから震えがきた。背中から、頭、顔まで。定期的にブルブルブルブルて。
時々、フンといって鼻を鳴らす。ハーハーはしない。
来院するお客さんにかわいがられる。でも、院内関係の人にはちょっと怖がるってる様子。ずっと、待合室にいたのだが、中のほうのことが気になる様子。入院している他のワン鳴き声などにも、耳をそばだてている。

「怖い」の震えかなあ。

いつものトラくんと違う。トラくんとの距離感、と、私への不信感、を感じる・・

そりゃそうだよねー

一瞬、連れて帰ろうかとしたが、やめた。

午後の診察時間が4時から8時までなので、また様子見にこようって、トラくんをまたケージに押し込み帰った。

午後、5時過ぎごろ、6時到着くらいの予定で病院へ向った。

が、運転しながら、いろいろと考えるうちに、途中で引き返して家へ戻った。すぐ近くまで行ったのだけど。

結論から言うと、「先生にお任せしよう」という気持ちになった、ということだ。

昨日の診察の時のこととか、いろいろな症状の犬の動画、造影剤を使って脊椎を映し出した画像などの説明を聞いていた時のことを思い出したり。

午前中、待合室にいた時に交わされていた飼い主同士、先生と飼い主のやりとりのこととか。

その病院は、挨拶をして入ってくる飼い主が多い。私も「こんにちは」と挨拶された。知らない人に。

待合室で、飼い主同士、世間話(飼い犬の話し)をすることは良くあるが、

先生は待合室で待っている飼い主の方達に、トラくんのことを話した。

「このコは、多分**ちゃんと同じで、来られているんです。まだ、はっきりとしませんけど。**くんのお友達なんです」
「ああー。」

て、皆知ってるらしい。「**ちゃん」と「**くん」を。

その場にたくさんの方がおられたわけではないけど。数組、2、3組かな。

「イヤ、えーと。。。」て、ちょっと、その時はびっくりしてしまったのだが。

「ここの先生は治してくれるんだよ」杖をついたおじいちゃんが言ってた。飼い犬は奥さんが抱っこしておられたが、ダックスの、老犬だったと思う。

7月28日に書いた「境界線」最後に締めくくった文章(?)は、

「なんか、今日は他の人と、いろいろと温度差を、というのか、感じだなー。ぽっかりする。
それは今度また、眠いから。思い出せればいいけどねー。。」

というところ。

「ヘルニアって、ああ、犬の話ね」とか。

「michikoさんも大変ですね(犬なのにそこまでするなんて←主観)」とか。

その、ぽっかり感というものが、埋まった。

なんていうのか、「私のような飼い主が来ている病院なのだ」というところか。

あとは、昨日と違う印象の「先生」かな。無精ヒゲにボサボサ頭。イケメン台無しですよ、みたいな。

私が今、車を走らせているのは、トラくんへの執着心でしかない。距離感と信頼感を取り戻そうと、必死になっているわけだ。

あのコはステロイドが切れて、数日病院にいても、痛みなどでないのではないか。

ケージにいれられて、いつもと違う状況で、環境で、みんながいなくって、不安で恐ろしくて、震えていたとしても。

そう、だから。

だから、投薬で「安静」にしていれば、痛みの症状はでなくなったのではないか。前足も。問題なかったのではないか。

結局は、「ウチの環境状態が悪い」のである。ケージに入れられない状態、とまではいかなくても、犬の号令がかかる状態、興奮しやすい犬がたくさんいる状態。

ただ、また痛みをぶり返すことはある。先生は、痛みの動画を撮っていた。「**くん」も。

今後、トラくんが痛み発作をだしたとしても、足の状態がどうとかっていうのも、では、私も「その動画」を撮ったらいい。

私はガラケー人間だが、デジカメで動画は撮れるよ。

痛み発作をだしたトラくんをカタワキで支えながら車で運転して、なるべく安静に保てるように慎重に走ったら、病院まで1時間弱はかかるが。

先生はどんな状態でも、きっと治してくれる。

トラくんとは、時間がかかっても、また、信頼関係をつくれば良い。時間がかかっても。

運転しながら、いろいろ回想するにつれ、そう思うに至った。

だから、帰ってきた。
スポンサーサイト

Posted on 2016/07/30 Sat. 22:38 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 2

30

預けた。(セカンドオピニオン) 

7月29日、今日のトラくんは落ち着いていたよ。

朝もステロイドを昨日と同じ量、胃薬、炎症のサプリを1粒飲ませた。

その、ヘルニアに詳しい先生の病院へ一刻も早く、トラくんを診せに行きたかった。

今日は朝から、めっちゃ暑かったし、やっと、落ち着いたばっかなのに・・

診察時間は10時から、午後1時まで。金曜の午後は休診。

では、もし、全身麻酔などをして、診ることになったら?今日は、家に帰れないってこと?

うーん、どうしたものか、日が悪いし明日にしようか。明日は午後もやってるし、そういうことになっても引き取りにいけるし。

すっごく悩んだ。



でも、連れてった。

そして、病院に預けた。理由は、痛みの状態を先生が診たいから。ステロイドが切れて、痛みがでた時の症状?

初めてのひとりぼっち。ケージに入れられて。

そんなこと今まで一度も経験したことないのに。

でも、私、迷わなかったし、実際、そうしてくれ、と思った。

ひとりで痛みに耐えているときはいいの。自分で痛いから安静にしていようって思うから。

でも、うち、あと3匹いて、状況の異変に号令がかかるのね。

自分は動けないから、と、理解すればいいのだろうけれど。

そして、そんなになるまで、おそらくこのコは悪い状態になってない。

「私」がそういう状況まで、待てないのだろう。様子を見ていられないっていうのか。


・・しかし、アイツ、ケージで寝てばっかだったら、痛みなんてでないかも、だよね。

何日いればいいのかしら。

明日、面会に行こう。


ここからは、暴言批判しかでてきません。毒を吐きます、
から、速やかに退室なさってください。










めっちゃ、腹立つ!

昨日夕方にはカルテを送るっていうたやんあいつー
一切送られてないね!だいたい今の時代ファックスって。今から思うとだけどさ。
なめとんか。
だいたい、私がレントゲンに拘ったのが悪いのだけれど、けど、設備にレントゲンしかないとか、最初はレントゲンとか、そんなんやん動物病院は、だいたい。
今日行った病院の先生も、レントゲンで椎間板ヘルニアです、なんて、分かりませんよ。て、その、前足の付け根とお尻よりの腰の部分の骨が重なって、クチャクチャって見えたんです、て言うと、ちょっと言ってることが解りません、と言っていたけど、私も解らんわ。じゃあ、私は何を見たんや。まぼろしか。
先生ていう生き物は先生をかばう。かばう、というのか、その先生の所見を絶対的に否定しない。が、じわじわ、くる。
言っていること自には否定はしないが、こういう状況であれば、自分もそういうことはしない。でも・・・といろいろと続く。
私が見たトラくんのレントゲン写真っていったい何やったんや。ヘルニアてどの口が言うたんや。重症ですよって。
カモっとるやろボケ!そんで、投薬、投薬、投薬、て。
その他に心臓の話もされたんやで。心臓大きいて。鼻ぺちゃなコやし、今、痛みでハーハーしているからではないですか?
ていう答えに、そうです、ですから、今すぐ治療しましょうということではありません。2つ一緒には治療しません、が、今後、お薬が必要ではないですか、という時がきたら言います。みたいな。みたいな、てか、そう。
お散歩を行かなくなったり、途中で疲れてしまったりっていうコに心臓の疾患は多いんです。と、3種類くらい説明された。
あれ、歳のせいでばてるのかな?と思ったら、実は、心臓の疾患のせいであることがあります。実はまだどんどんお散歩に行けるようになるのです。
みたいな。ギョッとする。レオさんがまさにそうだったから。
でも、言わなかった。今思うと言わなくて良かったー。薬の餌食。一度診てはもらいたい気はするけど、投薬はしない。
お散歩は基本ワンのペースでよいと思っているからだ。一番は、楽しみ?気分転換とか、ストレス発散くらいで。
途中でバテるのだったら、休憩して水など飲めばいい。時間を短くしてもいい。なにしろ、ワンの生活に少し刺激を与えるというところか。でもそれは人間の生活時間にも影響するけどさ。
たとえば、治せるような疾患であったとしても、あえて、治さない。とか。微妙なところで投薬を続ける、とか。
金ずるだから。皮膚疾患とかがそうだよね、人間も難しいけど。モモも。今日、頚椎の手術をしたコの動画を見た。その先生は、症状のいろいろな動画を見せてくれた。先生は、「表情」と言っていた。このコの「表情」が手術した次の日はこの「表情」と。うん。まったく違うのね。
私は、その「表情」を見ている。どこかで、考えた挙句きっとモモだ。モモがヘルニアっていう事ではないけれど、その、表情が、うーん。激しい痛みではないけれど不快感?全身の激しいかゆみ、からの不快感。同じ表情だと思う。
ヘルニアのコの表情は手術の次の日、まったく違っていた。目がきらきらして。モモも抗生剤を飲むとやっぱり肌の調子が良くなって、目が輝く。でも、飲み続けることはでできないじゃん。

Posted on 2016/07/29 Fri. 19:09 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 0

29

境界線 

7月28日。

今日は、昨日サボったトラくんの痛み発作から

午後4時過ぎ、昨日のブログを書いていた時には、私の後ろでうつぶせ寝をしていた。
いま、思うと、時々起き上がって、お座り、首を伸ばした状態で口をもぐもぐ、鼻をぺろぺろ、あくびを連発していたように思う。

でも、そういう行動は、昨日27日の午後からはあった。

もっと振り返れば、5mmの1/4錠のステロイドを飲んでいる時も、突然、ペロンペロンペロン、て。

かわいい仕草だなぁとほほえましく思っていた自分が、今となっては憎いが!

5時過ぎか。昨日のブログ「滑るのが気になる」を書いていて、終わろうとしたその直前に、おかしな行動をした。

「今、立って、歩いて両手が滑って、その時、左手首が曲がったぞ。

両手の先、ちょんちょんって触ったらイヤっぽい?

左手の先、爪の当り、くーって丸めたけど、でも、それって麻痺ではないよね?

時々起き上がって、口もぐもぐしてたり、あくびしてたりって、どのコもするよね。」

5時過ぎ頃、私がキッチンにいると、トコトコ歩いてきて、そばでうつ伏せ寝をする。

今までにそういうことはない。ワンのご飯を用意している時意外は。

括弧書きで、痛いのではないかと思う とメモしてある。
そして、お腹で、浅く速い呼吸ではないかと思う。ハーハーはしていない。とも。

6時過ぎ、目をギョロつかせて舌を出して、ハーハーする。水を飲ませようとしても飲まない。

6時45分頃、堪りかねて黄色のサプリ(非ステロイド性抗炎症薬と思われる)をやる。水を飲ませようとするが、手で口に付けるとペロペロ舐めるが、自分では飲まない。顔を背ける。

6時55分頃、落ちついてきたように思う?いつもの給水器の水を口まで持っていったら少し飲む。

ここまでは、体を起こして硬直した状態だったと思う。

7時半すぎ、いつもどおりの量のご飯に、ステロイド1mm、サプリ2種類を混ぜて食べさせる。
全部食べたが、その後も水は飲まない。
この日、私は過保護にも?餌を手碗で食べさせている。。

7時56分頃、落ち着いて伏せ寝。

という。メモです。時々主観は入っているけど。

非ステロイド性抗炎症薬、と、思われるサプリは意外に良いかも。

サプリメント?って、ちょっと馬鹿にしてた。

効く時間はちょっと、当てにならないと思うが。痛みに波があるから。たまたまかも。

でも、今日もダメモトと思って飲ませたら、20分くらいで落ち着いて横になった。

痛みの波と関係あるのかもわからないけど。


今日は、トラくんを連れないで、病院に薬だけもらいに行ってきました。

私が、3時過ぎ頃に帰ったら、ハーハーしていたから。

昨日のことなどを話したら、薬、増えました。

5mmが2錠半、後はビタミンの入った神経のお薬半錠(1日)を、3日分。もちろん、ステロイドの量は徐々に減っていきますが。

そして、今日の夕方には、ヘルニアの先生の病院へ症状や、投薬、注射のことなど、ファックスしておきますね、といってもらった。

とりあえず、明日、電話をかけてみる。行けるのだったら、落ち着いている間に行ってしまおうと思う。ここ3日が勝負だ。

ステロイドの量が多い。


病院から帰ったら、痛みがひどそうなので、いつものご飯の1時間前に薬だけ飲ませた。むりやり、口に押し込んでは、もぐもぐして

吐き出され、また、それを口に押し込む、という。でも一生懸命もぐもぐして食べていたよ。水もなかったのに。

30分位したら落ち着いた。



みなさんは、飼い犬がどういう状態になったら病院に連れて行くのか分からないのだけど、

痛くて悲鳴をあげたら?ご飯を何日も食べなくなったら?ビッコひいてたら?全く動かなくなったら?

トラくんはほっといたらすぐに前足が滑って、今は、痛み?がきてるみたいだけど、そんなの、すぐに麻痺になるよ。

すぐに。飼い主のカンでしかないのだけど。よく観ているから。

前足って、頚椎のヘルニアが主なのだとか。レントゲンしか撮ってないし、先生にも何も言われてないし、なんともだけど。

全身の神経にいくから怖いの。


なんか、今日は他の人と、いろいろと温度差を、というのか、感じだなー。ぽっかりする。

それは今度また、眠いから。思い出せればいいけどねー。。

Posted on 2016/07/28 Thu. 23:20 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 0

28

やっぱり! 

私を、暇人だと思っているわね!?

そんなことはないけど。ないはずなのだが・・・

何にも手につかない。こうやって、書いていると落ち着く。

うーん。こういう「記録」などと言っておきながら、話し言葉で書く、というのは

誰かに話しているのだ、と思う。不特定多数だけど。

一方的に誰かに話している。そして、自分自身を整理している。えー、思っていることとか、考えていることとか。

で、こういうことをする。しなくては。という、確認みたいな、宣言みたいな、認証みたいな ことをしているのだと思う。

自己完結だけれどね。それが有り難いです、今は。

しかし、最近世間を賑わせているあのような方も・・ゾッとする。そういう危険思想はありません。絶対に。
もし、危険危険と思われたら、止めてー!とめてー!!

単純に、メモもしてみたよ。でも、なんか、ぜんぜん違う。メモと、誰かに話しているように書くのは。

トラくんが痛み発作をおこした。発作てか。。

薬の効果と、効いている時間の関係かと。

今日は安静にしていたのに、痛かったんだね。安静にしていたのは、か。

経過は、そう、メモ帳にかいたよ。

でも、もうダルいからまとめるのイヤだ。


なにしろ、私の勝手な処方で ステロイドを、1mm飲ませた。

今日の夜からは1/4だったけど。効くわけないやん1/4なんて。

了解得ようにも、病院休みやし。休みの癖に、なんで1mmから急に1/4もってくるかなぁ。


今は、浅い早い呼吸で眠ってる。

痛みにも波があるようで。

夕方の排便もない。でも、食事はいつもどおり。ゲボったらどうしようかと思ったけど、今のところは大丈夫みたい。

だから、薬も吸収されているはず。。

重症だと思うなら、早く紹介状を書いて。


今、自分で歩いて、お水飲んで、おしっこしてウンチもしたー リアルタイムです。良かった。ちょっと安心。

今は、自分の肉球をなめてる。


でも、明日は仕事に行くよ。バイトだって、仕事です。朝、1mmのステロイドと、炎症のサプリ2粒、あと、今日の夜飲ませ忘れた胃薬を、明日の朝に。

そう、胃薬、胃薬、胃薬!忘れるなー!!

私が帰ってくるまで待っていてくれるかなぁ。痛いのと、不安なの我慢して。

では、私の「線引き」はそこである。

Posted on 2016/07/27 Wed. 22:51 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 0

27

滑るのが気になる 

7月27日、今日のトラくんはというと。

うーん。

昨日の夜から薬効のうすいステロイド1錠に切り替わっている。

昨日の朝までは、多分、5mmを1/4錠だったんだよね。昨日の夜から1mmを1錠、にしているのだと、思う。

あんまり変わってないような気もするけど、着々と量は減っている。

今日は、伏せした状態で長くいる。朝、テーブルの下で眠っていた時は、横になっていたかな。

今、私のお尻辺りにいるが、頭を少し私の腰に当てて、寝ている。ソファにも丸くなって寝ていた。

今日は、郵便も宅配もきていない。ので、私はちょっとホッとしている。

今日の夜から、1/4錠になる。

明日は私、いないので、見てあげれない。

サプリ、炎症のヤツ。あれは、非ステロイド性抗炎症薬ぽい。

それを、1日に3錠飲んでいるのだが、なんとなく朝1錠、夜2錠にしていたのだが。

明日からは、朝2錠に変えよう。3錠いっぺんにでもいいらしいが。デカイから、なんか・・。

昨日、「マーキングをしなくなった。」って書いたが、さっき、ちょっと外へ出てたら、やってあった。

ソファの敷物とクッションを洗った。あと、40×40cmほどのカーペットも1枚。

家に帰ってリビングのドアを開けたら、オロオロしながら頭を低くして、足踏みしていた。

・・・もう、怒らないよ。


そうだ。2、3日前から前足が滑っているのが気になる。

横に滑る。左もだけど、右も滑っている。

でも、このコ、仔犬の時はそうだったんだ。

一時期は気にならなくなったけど、最近は、よく観察しているから、目に付くだけかもしれない。

明日、バイトから帰ったら医者へ連れて行くよ。不安だけど。


いっや、ちょっとおかしいかも。

今、立って、歩いて両手が滑って、その時、左手首が曲がったぞ。

両手の先、ちょんちょんって触ったらイヤっぽい?

左手の先、爪の当り、くーって丸めたけど、でも、それって麻痺ではないよね?

時々起き上がって、口もぐもぐしてたり、あくびしてたりって、どのコもするよね。

神経質になりすぎかなぁ。


でも、なんかゾッとする。

Posted on 2016/07/27 Wed. 17:09 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 0

27

私はモンスターか。 

7月26日、今日のトラくんは・・・特に異常なし。。ただ、最近思うのは、マーキングをしなくなった。

ええ、もちろん家の中で、ですよ。今までだったら、掃除機。あと、ソファの自分の場所。など。

人間としては、大変喜ばしいことですが。

うち、レオさんというオス犬がもう1匹いるので、おそらく、そのコとの関係性ではないかと・・。

オットが言うには、「トラ、自分が弱いっていうことが、解ったんだ」て、言ってた。

ということは・・人間には特に異常なく見えてても(主に痛みであるとか、歩き方であるとか)、自分では何か前とは違うという異変を感じているのであろう。と、思われる。

あとは、今までだったら、ソファの上で絶対に、仰向けへそ天で熟睡していたのだが。今、レオさんがソファで仰向けへそ天である。

お腹を下にして寝るか、横になって眠っているか、どっちかしかしなくなった。

私はその寝方の違いは22日、病院へ薬をもらいに行ったとき先生に話している。

「特に痛みがでるとか、変だなと思うことはないです。でも今まで仰向けで眠るコだったのに、それをしなくなったのは、自分では何か違和感を感じているのかもしれません」



・・ところで今日は、昨日の「薬、くすり、クスリ」で書いたのだが、間違って多めに飲ませてしまったため数が足りなくなった関節のサプリを2日分だけもらいに行ってきた。

そして、紹介状を書いてほしい旨を伝えた。

紹介状って、すぐ書いてくれるものだと思ったら、後日 であった。

あとは、最近痩せてきて、昨日家で体重を量ったら、2週間ほどで1.5kg体重が減ったことも言った。

ら、「病院で体重を量りましょう」ということになり、

とりあえず、明後日の28日にトラくんを連れて病院へ行かねばならないことになった。

28日はもともと薬をもらいに行かなければならない日だったのだが。そして、紹介状もその日にもらえるのだと。

あー、移動が不安。新しいハーネスは届いている。・・ハーネスだけではなく、一番大きいのは、踏ん張り。だろうなあ。。

しかし、そんなこと不安がっても、しょうがない。そしたら本より射水市なんてとても行けない。


えーと、昨日の「外科的アプローチ>投薬」のなかで疑問であった、15日もらった薬と、なぜ次の日の16日も病院へ行ったのか、

謎が解けたー。

まず、15日にもらった薬は、ステロイド注射代わりの、ステロイド飲み薬と、朝の分のステロイド飲み薬、胃薬、あとは炎症のサプリが2日分であった。

ということは、昨日同じ記事の中の

「今日は、一番強い注射を打ちますね。ステロイドの注射です。後もう一本は昨日と同じ注射を・・でも、同じ注射だと最低、(確か)12時間はあけなくちゃならないんだよね。」
か!真逆の、
「今日は、一番強い注射を打ちますね。ステロイドの注射です。後もう一本は昨日と同じ注射を・・でも、同じ注射は打てても、違う注射は最低、(確か)12時間はあけなくちゃならないんだよね。」

これは、下のが正解だね。

そして、16日朝に、22日までの6日分の薬をもらいに行ったのだ!

それは、15日にもらった「診療費明細書」で解った。

その病院では、「資源節約のため」そういったものは出さないのが基本らしい。言えば出してくれるのだそうだが。

料金がかかる、というわけだ。じゃーまぁいいか、と、思いがちだが、そこが落とし穴である!

やっぱり、それで、どういった薬を使っているか、とか、料金はもちろん、残しておくと、この時こういうことが起こっている

ということが後追いで記憶を手繰る資料になる。

もう、それは、投薬とか、療養食をずーーーっと続けている(薬を飲み始めると大概そうなると思うが)飼い主には宝だといってもよい。のではないかい?

少なくとも、私にとっては。そして、個人的感想でもあるのだが。

しかし、病院によって記載するしないの内容は違い、ただ、「内服薬**円」とか、「皮下注射**円」とか。

この病院は、明細書に料金がかかるとはいえ、まだ、良心的であると思う。え?それって地方だから?それともそういう病院に行く方が悪い??

ただ、人間界でも・・どうであろう。薬はもちろんだが、診療明細書をだすとか義務づけられたのって、ここ数年前からではないのかい?

私が15日にもらった診療明細書は、たまたま、「今日は料金がかかりましたので明細書を出しておきますね」というものでしかない。

レントゲンと、注射と、薬代で出費がかさんで、それで、たまたま。

で、現在に至る。曖昧なところはあるが、これで、すべて繋がった。「私」は、今、満足である。

だけど、トラくんの治療の話とは、今後の話とはまた別だ。


大事なものを失った時に、おおよそ、すべての人間は、何故そうなったのか、すべてを明らかにしてほしい。(自分の)納得のいく答えをだしてほしい。そして、(自分に)謝罪をしてほしい。
大事なものを失った時に。

あなたはそういうものを失ったことがあるかい?眼を背けずに。


自分の納得のいくように経緯を説明して、なにしろ自分をそうだと納得させてくれ。謝罪など何度してもしても

餓鬼。ブラックホール。足りない、足りない、足りない。

・・それは、無理だね。

ここまで読んでくださった方、強く当たりました。個人的な意見です。ごめんなさい。 

Posted on 2016/07/26 Tue. 22:42 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 0

26

外科的アプローチ>投薬 

7月15日の午前中のこと。レントゲンを撮ってもらって「首と腰、2箇所にヘルニアがあります。重症です」と告げられた。

待合室から、診療室を抜け、個室のレントゲン室であろう小さい部屋で先生はレントゲン写真を見せてくれた。

まずは正常な犬の背骨の状態から。そして、背骨の説明を受ける。

次に、これは、うちの病院で診た一番重症だった犬のレントゲンです。と、見せてくれた。ダックスの腰椎だったように思う。

説明はしてくれたのだが。

腰・・、腰より少しお尻のほう・・お尻よりではなかったかなぁ。骨が重なり合ってクチャクチャクチャって密集していた箇所が1箇所あった。

で、トラくんのはこれです。って見せてもらった。クチャクチャってなっているところが、本当だ、二箇所ある。

説明はしてもらった。

背骨と前足の骨の重なっている部分。ちょうど結合されている部分、ていうのか。3~4個くらいの多分、骨がクチャクチャって重なり合っていた。

そして、腰、やはり、ちょっとお尻側だったのではなかろうか、と思う。同じく3~4個くらいの骨がクチャクチャクチャって重なり合って見えた。

軟骨が飛び出ているとか、そんなのは分からなかった。あ、レントゲンでは軟骨までは分からないのか。

なにしろクチャクチャってなっていて、ヘルニアって、軟骨が飛び出て、それが神経を圧迫するから痛いので、その軟骨を切除するの

がヘルニアの手術だと思っていたのだけど、軟骨なんて、今、状態はどうなってるの?骨と骨と骨が密集していて、だいたい骨自体が変形していませんか?

その、先生の病院で診たという犬、一番重症だったという犬、の、症状もちゃんと話してくれていたように思うが、

イヤイヤ、そのコとトラくんのパッと見の、では、骨のクチャクチャ度っていうか、どこが違うの?一緒じゃない。ほぼ。

あ、でも、ダックスのほうがもうちょっと密集度がたかいかな。ほんの少し。

そんな印象だった。

質問できなかったし、説明されてるはずなのだけれど、全部シャットアウト。ノーミソフリーズです。

ただ、説明はちゃんと受けた。と思う。受けたけど、覚えていない。

先生は、グレードを言わなかったし、私も聞かなかった。

ただ、この病院で一番重症の犬の状態がこのレントゲンで、そのコにはこういう症状があった。で、うちのトラくんのがこれですと。

そのコにどういう治療をして、どうなったか、というのも言わなかったように思う。ちょっとは言っていたのかな。全く、覚えていない。

ただ、違う犬種の犬のヘルニアの話をしたのは、ちょっと、覚えている。

その犬の飼い主さんは、治療を拒否したのだと。いつもケージかキャリーバックに入れられたままで、犬は自力で動けないまま。

どこにも行くことが出来ない。行きたいところへ行くことが出来ない。したいことをすることができない。

できない、できない、で、キャンキャン、キャンキャン、飼い主さんにいつも不満?みたいなものをぶつけていました。見ていて、なんだか、切ないものがありました。

うーん、・・・私はよい方に解釈したい。その先生の感受性を、です。

私には思うところがある。あるが、

どうか、金の亡者にはならないでー

その・・治療を拒否したという飼い主さん・・もし、その話が本当であったとしても、だれも、その人のことを責めることなどできないよ。

みんな、自分の、または自分と人間の家族との生活があり、限られた時間があり、限られた予算はあるもの。

折り合いをつけなければならないところは絶対にあると思うし、線引きは必要だ、と思う。

それって、人によって、違う。と思う。

「切ない」か。うん、確かに切ない。切ないよ。

個人的意見ですが。

しかし、その時、いや、その話より以前に私の心はもう決まっていた。

「私は、外科手術を考えています」と、先生に自分の意志を伝えた。投薬のみ、というのは選択肢にはなかった。

そうだね、その時点ではまったくオットに相談もしてないよね。あー。

それから、先生は、夜中の痛み発作の時間帯など、今のトラくんの状態などから、

「今日は、一番強い注射を打ちますね。ステロイドの注射です。後もう一本は昨日と同じ注射を・・でも、同じ注射だと最低、(確か)12時間はあけなくちゃならないんだよね。」
か!真逆の、
「今日は、一番強い注射を打ちますね。ステロイドの注射です。後もう一本は昨日と同じ注射を・・でも、同じ注射は打てても、違う注射は最低、(確か)12時間はあけなくちゃならないんだよね。」

「5時頃、また注射うちに来れるかな?」だった。

私は、断った。「極力、移動を避けたいんです。今日も車に乗せてこんな状態ですから・・」

「じゃあ、薬で出しますね。痛みが強かったら、最悪3時には飲ませてもいいよ」

と、痛み止めの注射1本は打ってもらい、後1本分は内服薬で出してもらう。あと、6日分の段階的に減っていくステロイド、あと、夜の分に胃薬が入り、炎症を抑えるサプリを6日分もらっているはずなのだが。

私はその次の日、16日も病院へ行ったことになっている。カレンダーの表示を見ると。

何しに行ったのであろう?もうヒートアップ・ノーミソー!眠い眠いなので、また明日瞑想に入ろうぞ。

私事だが、「最近食欲がない。痩せてきた。お昼ごはんを食べる時間がない」というオットのために、今日サンドイッチを作った。
おにぎりでも良かったらしいが。
仕事しながらでも食べれて非常に良いとリクエストがきたので、明日の朝もサンドイッチを作らねば。
起きれるかなあ。眠いよう。
ちなみに、オットの目覚ましの時間て、朝4時半。しんでくれ。と、思う今日この頃

Posted on 2016/07/25 Mon. 14:02 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 0

25

薬、くすり、クスリ 

誤り
昨日7月24日の記事「米粒1/2量のステロイドを明後日、26日の朝まで飲み、その後は別の神経系のお薬に変える。それも、量をだんだん減らしていく。28日の朝の分まである。」

正解
7月23日の記事「とりあえず、また投薬で。段階的にステロイドの量を減らしながら、様子見。6日分のステロイドと、炎症と関節に効果がある(そうな)サプリ2種類もらって帰ってきました」

26日の朝以降は、色が違うだけで同じステロイドです。色が違うのは薬効を薄くしてあるからです!

しかも、炎症と関節に効果のあるサプリ・・・関節のほうのサプリ1日1個って言われていたのに、朝晩1日2個飲ませてた!!

めっちゃショック。大大大ショック!自分の頭の悪さにゲボがでる。・・「重症です」って、、、お前のアタマがな!!

とりあえず、関節のサプリのことを調べてみた。

コンドロイチンとグルコサミンを主とするものらしい。マンガンの表示もあるけど。

グルコサミンはアミノ糖と呼ばれる物質で、軟骨を再生したり修復したりする効果があると考えられている。
コンドロイチンはグルコサミンから作られ、直接軟骨を作り出す働きはないが、軟骨の分解を抑制して、軟骨に水分を保つという役割がある。
グルコサミンによってコンドロイチンが生成され、軟骨の健康が守られる。

・・・うーん

原材料名というところを見ると、
グルコサミン塩酸塩
コンドロイチン硫酸
マンガン
と、グルコサミンを先頭にもってきているから、一番多く含有されている・・・のかなっ

給与方法を見ると、10kg以下1日1粒、10から25kg以下で1日2粒・・
トラくんは今11.5kg

う、うーん。。。セーフ。。。

薬やサプリ、あげるとき気をつけなくっちゃー 

薬やる前に、一旦、自分の顔をたたき、気を引き締めるっていう方法はどうだろう?


さて・・・

7月25日、今日のトラくんも異常なし・・・と書きたいのだけど、朝オットが「最近、トラ痩せたよね?」と言ってきた。

実は、私もそう思っていたのだが。やっぱりそうか!

体重を量ってみたら、11.5kg・・14日の日病院で量ったときは13kgだったのに。

散歩にも行ってない・・から、いつもより3~5gほど減らした。ほんの数日間だけで、

あれ?痩せたかな?と思ったので、また量を元に戻したのだけど。

それがイケなかったのか?それともサプリのやりすぎがっ!

なにしろ、ヘルニアのコは減量せよとはいうけれど。このコ決して太ってないのですけど。

13kgとか、11.5kgとかって、太りすぎだよって、思われるかもしれませんが、ウエストなんて枝ですよ。

アバラもわかるし。一番たくさん食べてるのに、どうしてこんなに細いのかなって心配してたほどなのになあ。

モモも食べるけど、細い。遺伝か、去勢していないからか。・・あとは、デブが2匹。

はっ。デブを見るから、余計細くなって見えるだけなのかも。

以前に一度、病院の看護士さんに聞いてみたことがあった。13kgの時だった。

「痩せてますよね?たくさん食べているのですけど、痩せすぎじゃないですかね?」

看護士さんは肋骨をさわって「うーん。うーん。トラちゃんはお顔が大きいからね」と、それだけだったのだが。

13kgは痩せてはいないのか。肋骨も触って確かめてくれていたし。トラは顔が大きいからと、13kgはしょうがないよね、的なニュアンスが漂うってことは、もっと 痩せていてもいい とか そういうことか。

イヤ、違う!そうじゃなくって、「なぜ、ほぼ同じ食事量で、散歩もせず、2週間の間に1.5kg痩せたか」だよね。

13kgに対する1.5kgって凄いと思う。ステロイドの副作用?先生に聞いてみよう。

とりあえず、ヘルニア関連のを記憶想起して記録せねば、まだあるのですが、ちょっと、ラムちゃんのお薬を取りに行ってきますので一旦離れます。 ← だれにゆっとんねーん


Posted on 2016/07/25 Mon. 11:07 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 0

25

そして、重症です 

・・昨日、下書きのはずでまとめて保存した はずの記事がUPされてしまった。
今日UPするつもりで、まだ途中だったのに。でも、そんなこと、どーでもいい

7月24日、今日のトラくんも今のところ、特に異常なしス!今、ステロイドは米粒の1/2ほどの量を朝晩と1日2回飲んでいる。

明後日、26日の朝まで飲み、その後は別の神経系のお薬に変える。それも、量をだんだん減らしていく。28日の朝の分まである。

そしてまた、病院へ行く。予定。

その間に 痛みが出る 可能性がある。今のところ順調で、元気すぎてむしろヒヤヒヤする。

本となら、ケージインなのだと。しかし、うちの犬だもの、そんなことできるわけがない。

活発なのが4匹。ほぼ、寝ているけどネ。人が来ると興奮して部屋の中を走り回る。それが問題なのだ。

ピンポンとオットが帰ってきた時に一番反応する。後は郵便配達とか。車の排気音。とか。

しかも、トラくんなんて生まれてこの方、「隔離された」ことなどない。他と自分と、分けられたことなどない。

だって、王子だもの。

ケージに入れて扉を閉めたとしよう。飛び跳ねるに違いないね。失神するほどの、朦朧とするほどの、痛みでない限り。

だって、うちの犬だもの。


さて。。。

痛み発症 7月14日、日をまたいで15日の夜中 2時45分頃、トラくんはハッハッと浅く荒い息をしながら私のすぐ横で寝ていた。

オットが言うには、2時半頃目が覚めたとき、トラくんはハッハッしながら部屋の中をウロウロ歩き回っていたらしい。

それから私の隣で横になったらしい。

何時頃からそういう状態になったのは、分からない。加えて言うならオットの時間感覚も問題ありで怪しいのだが。

何しろ、痛みがでたのだよね。

昨日の記事の 最後のほう「そして、朝、目覚めた時には、トラくんはもう割りと調子が戻ってきているように思えた。

「伸び」をしていた。」これは間違い。

朝目覚めた時ではなくて、15日病院に行くちょっと前、朝の9時半少し前で、

朝目が覚めたときは、痛み発作のようなものはなくなっていた が、頭を垂れて背中を丸めた状態でトコトコみんなの後ろを着いていく状態だった。

多分、新聞配達の時間・・いつもは朝4時半から5時の間のこと。

朝ごはんも残さず食べた。でも、昨晩と同じく遅かった。排便もした。うーん、散歩に行ってないからかもだけど、量はいつもの半分くらいかな。食事量は変えてないよ。

オットが仕事へ出かける時も「やっぱり、左腕おかしいね。かばって、びっこ ひいてるね(びっこて富山弁?)今日、病院に行った時、先生に左腕のこと言って」って言っていた。それは、朝の7時半くらい。

そして、病院へ行こうと、準備して1階に下りていったら、「トラくんは伸びをした。でも、いつもどおりーという感じではないように思えたが、もう割りと調子が戻ってきているように思えた」です。

ドアを開けて玄関に出した。一緒に何匹か出てくるので、他の犬は部屋へ押し込む。

トラくんにリードをつけている時、トラくんはまた、はーはーしだした。
玄関に段がある。それを降りたからか。興奮したからか。私が他の犬に対して怒って部屋へ押し込んだからか。

とにかく病院へ行く。とりあえず、だっこして外へ出して、抱っこして車へ乗せた。はず。

車の中でトラくんのハーハーはひどくなり、その時、左手首に力が入らなくなっていた。

なにかにぐにゃりともたれたり、めずらしく伏せた状態だった。でも、車って不安定だから、道を曲がったり、ブレーキをかけたり、アクセルを踏んだり。決して荒い運転はしないのだけど。

だからそのたびに 起き上がったりする。

病院について、抱っこで車から降ろし、・・ここだ。昨日の「車から降ろしたら、引っ張った。いつものように。自分で歩いて病院の中に入った 段差はない でも引っ張って歩いて入った ように思う」が、15日の病院の日だったかもしれない。

か、

抱っこで病院に入った。か。もう覚えていない。

何しろ、先生に左腕に力が入らないようで、今は、手首も内側に折れ曲がっている 状態を見せて、昨晩の痛み発作の話や、食事、排便やらの話をした。トラくんは座り込んで歩かない。

「レントゲンを撮りましょうか」

そうです!レントゲンを撮ってほしかったのです!14日の夕方連れて行ったときから!

その日は痛み止めの注射で妥協して帰ったが。今すぐ撮って!

で、言われたのが「重症です」だった。

ちょっと休憩・・・






Posted on 2016/07/24 Sun. 16:00 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 2

24

ヘルニアは突然に 

7月24日、トラくんの状態は


ここで、ちょっと頭の中を整理


痛み発症は 7月14日 夕方

家のチャイムがなったピンポンの音と同時に、「わんわん!」という声に混じり、

「キャーッ!」という悲鳴

えっと思ったら、テーブルを挟んで私と対極に伏せしていた と、思う

トラくんがテーブルの下をくぐりぬけ、わたしのすぐ真後ろにあるソファ(ローのやつです)に

飛び込むように突進してきた

「キャーッ、キャーッ」と、何度も叫び声をあげながら

私が、ピンポン主の宅配便の方の対応をしている時も、同じく家の中から叫び声が聞こえていた

体右側面をソファの背もたれに押し付けながら、左側に体をねじるようにして、悲鳴をあげていた

二階でわずかな物音がした

窓を網戸にしてあったので、外からの音 風とか、鳥とか、コウモリとか?

小さな物音にも反応して、叫び声をあげる

体が、主に覚えているのは、頭と上半身・・かなぁ

ブルブルと震えている そして、目を見開いてソファに横たわっていた

そっと触った ブルブルしている ハーハーもしている

呼びかけても私を見なかったように思う ただ、ハーハーして震えていた

水を器に入れて口元までもっていったら飲んだ

けっこう飲んだ 起き上がって飲んだ

飲み終わったら、私の足の間に入り込んできた しゃがんでいた・・頭を垂れた状態で、おすわりをしていた

うーん、ちょっと、時系列的には曖昧なところがあり。

そして、私はこの後すぐ病院に行くのだが、先生には確か、「ハッハ、ハッハ」していました、と言っている。うん。確かにそう言った。

オットに電話を入れたのが、夕方5時45分だった。病院に出かけるすぐ直前に

いつものリードをしたけど、鳴かなかった。不安定な車の中をハーハーしながらウロウロしていた 助手席の横

私のひざの上にも前足をのせたりしていた

病院について車から降ろしたら、引っ張った。いつものように。自分で歩いて病院の中に入った 段差はない

でも引っ張って歩いて入った ように思う

先生と状況などのお話・・「今日一日様子をみたらどうですか」という感じっだったと

診察台の上で立たせてみると、

「いつもより頭が垂れていて、体が丸くなっている、体のどこかが痛いんだと思う、それか、頭がへん(何か異常があるのでは?という意)」

そんな様なことを言って、私の意志を押し通したように、中程度の痛み止め(と言っていた)と、もう1本赤いの、打ってもらった

説明してもらっているハズだけど・・覚えていない

先生は、「おしっこに色がでるけど、びっくりしないでね」と言っていた

確か、痛み止めの薬は・・もらったかなー覚えていない

帰りも不安定なまま車に乗って帰る。家について、だっこして家に入れた。そうだ、病院にいくときも抱っこしてくるまにのせたはず。

家に付く頃には、少し落ち着いていたように思う。

フレブルならではのおすわりもしていたし、伏せのような状態にもなれていたと思う

ハーハーと息は荒いけれど

オットが帰ってきた時には、出迎えにも行った いつもより元気がないけど。歩き方もおかしいけど。みんなより遅いけど。

いつもは特攻隊長なのですが

オットも状態を見ていた いろいろ触っていた

「左腕を触られると、嫌がるよね。 左腕をかばってるよね」

その時、私には、よく分からなかったから・・「あー、うーん、そ-かなぁ・・ああ、そうかなぁ」

と言うだけだった

ご飯の時間。先生には、「いつもよりも食べられないかもしれないです」と言われていた

その時、そう、薬 とかあったかなぁ。ご飯食べられなくて、薬も一緒に混ぜて流ちょうに食べさせられないとかって

思ったかなぁ・・覚えてない。

とりあえず、ご飯食べて、あぁ、ゆっくりだけど全部食べました。いつもは一番最後に食べて、一番最初に終わるコなのに、時間を

かけて、それでも全部食べていました。

7時半から8時の間と思う。それから、トラくんはカーペットじきの床の上でウトウトしてた

9時過ぎ・・10時くらい10時過ぎくらいかな 2時間ほどの時間の差ははっきりと覚えてないんだけど、

座って折り曲げた私のひざを背にして、完全に体右側を横にした状態で、時々、「キャッ、キャッ」て言っていた

体がそのたびにビクッビクッってなっていた

その後、私も寝たのだけど、

横向きに寝ている私の背中が妙に熱く、目が覚めた

横には、「ハッハッハッ」って、浅く静かに息をするトラくんが 私の背中にピッタリとくっついて・・体制は覚えてない

うん、ウトウトしていた。眠っていたに近いくらいウトウトしていた のだと思う

時間を見た。夜中2時45分ほどだった。

それから私はトイレに行き、ワンたちのトイレシーツの替えなどをし、冷たいお茶などを飲んだのだと思う。

私のふとんにはトラくんの姿はなかった。パッて見ると、ソファで丸くなって眠っていたように思う。

もう荒い息はしていなかったように思う。

あれからそんなに時間はたっていないのだが。まぁ、良かった。よくソファに乗れたな(ローだけど)と思いつつ、

ちょっと安心して私も眠れた。

そして、朝、目覚めた時には、トラくんはもう割りと調子が戻ってきているように思えた。

「伸び」をしていた。なんていうのか、人で例えると、まず、では、四つんばいになってください。

そして、それから両腕と両足を肩幅まで開いて、お尻をうしろに、前腕と肩やら背中の筋肉が伸びます。

次にお尻を前に出してください。太ももやらの筋肉が伸び、でも、重心が体の前にくるので、腕、肩に力が入って、背中が伸びるよう

な気がします。(私はそういう専門ではないので、ちょっとアレですが)

ヨガのようですが。ワンちゃんて、けっこうこういうの、しますよね。ストレッチ的な。

そういうな事をしたのです。次の日の朝は。

でも、いつもどおりーという感じではないように思えましたが・・て、いうか、もしかすると昨日の今日だからという勝手な思い込みか

らかもしれません。



Posted on 2016/07/23 Sat. 22:03 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 0

23

元気すぎて困る! 

えーと、今日は 7月23日・・

昨日22日に病院行って来ました |v・`)ノ|Юチワス


21日の記事では、「明日トラくんを連れて、痛み止めの注射に行って来ます」的な

ことを書きましたが、つくづく私ってヤツはアホです



痛みはステロイド投薬でおさまっていたので 無理に連れて行く必要はなかった!(´・Д・)」 のであった!

当日の朝に気づきました・・


「こら!おとなしくしなさい!!またイタイイタイになるよ!!」

アレ??・・みたいな (。>ω<。)ノ まいったねー!アホ



とりあえず、また投薬で。段階的にステロイドの量を減らしながら、様子見。

6日分のステロイドと、炎症と関節に効果がある(そうな)サプリ2種類もらって帰ってきました



今することは、とりあえず、ヘルニア専門の先生のいる病院でちゃんと見てもらうこと!

病院はもう決めてあるのですが・・

今行っている病院で紹介状を書いていただけるそうです。



射水市の病院へ行こうと思っているので、ちょっと遠距離。

頚椎と腰椎のヘルニアなので、

まず、それようのハーネス・・主に頚椎に負担にならないようなハーネス探しました




ハーネス試して、えーと、(-ω-) ・・紹介状もらってー、(=ω=)・・病院予約してー、

あとは GO! です!!


んーーー。。カンペキ (゚-゚) かな?

補足:今日のトラくんの写真アップしようと思ってましたが、痴呆!

思い出すまでもう少し待ってください・・
 (*_*)

Posted on 2016/07/23 Sat. 16:25 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 0

23

なやまされる 

悩まされる 「される」 つまりは 私が、自分が、ということ かぁー はぁ。


何年ぶりでしょうか ブログ書くて・・

もう、痴呆です


なんだか、いろいろ書き綴ろうとして、

うまく書けません。


つまりは、今

トラくんが頚椎と腰にヘルニアがあること。重症です。といわれていること。
今、ステロイドを飲んで、明日で1週間。明日は、できれば、痛み止めの注射に

早々に手術を考えていること。
お金がかかること。
手術をしても、神経の部分だし、頚椎の部分って難しい手術らしいってこと。

でも、まだ 若いんです。まだ、お散歩にも行きたいし、

・・・実は、キミの知らないおいしい物も、まだ たくさんあるんだよ。

悲しい

ブログって長い眼で見ると、いつ何があったか分かって、
そういうの記録してると結構役にたっていいね

でも、ラムちゃんの
参考にしようかなって、探しても、よく分からなかった

で、今、ついでに(?)記してます。

記録なので、もし来てくださったかたがおられても、
読み逃げしちゃってくださーい。

ヘルニアの経緯は、また追って記そうと思います。

フレブルを飼っている自分のためにです

Posted on 2016/07/21 Thu. 22:49 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 0

21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。