08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ラムとモモ+レオとトラの気分は上々♪

ラムとモモ+レオとトラの日常をつづります。あと、うちで起こったいろいろな出来事なども・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ヘルニアは突然に 

7月24日、トラくんの状態は


ここで、ちょっと頭の中を整理


痛み発症は 7月14日 夕方

家のチャイムがなったピンポンの音と同時に、「わんわん!」という声に混じり、

「キャーッ!」という悲鳴

えっと思ったら、テーブルを挟んで私と対極に伏せしていた と、思う

トラくんがテーブルの下をくぐりぬけ、わたしのすぐ真後ろにあるソファ(ローのやつです)に

飛び込むように突進してきた

「キャーッ、キャーッ」と、何度も叫び声をあげながら

私が、ピンポン主の宅配便の方の対応をしている時も、同じく家の中から叫び声が聞こえていた

体右側面をソファの背もたれに押し付けながら、左側に体をねじるようにして、悲鳴をあげていた

二階でわずかな物音がした

窓を網戸にしてあったので、外からの音 風とか、鳥とか、コウモリとか?

小さな物音にも反応して、叫び声をあげる

体が、主に覚えているのは、頭と上半身・・かなぁ

ブルブルと震えている そして、目を見開いてソファに横たわっていた

そっと触った ブルブルしている ハーハーもしている

呼びかけても私を見なかったように思う ただ、ハーハーして震えていた

水を器に入れて口元までもっていったら飲んだ

けっこう飲んだ 起き上がって飲んだ

飲み終わったら、私の足の間に入り込んできた しゃがんでいた・・頭を垂れた状態で、おすわりをしていた

うーん、ちょっと、時系列的には曖昧なところがあり。

そして、私はこの後すぐ病院に行くのだが、先生には確か、「ハッハ、ハッハ」していました、と言っている。うん。確かにそう言った。

オットに電話を入れたのが、夕方5時45分だった。病院に出かけるすぐ直前に

いつものリードをしたけど、鳴かなかった。不安定な車の中をハーハーしながらウロウロしていた 助手席の横

私のひざの上にも前足をのせたりしていた

病院について車から降ろしたら、引っ張った。いつものように。自分で歩いて病院の中に入った 段差はない

でも引っ張って歩いて入った ように思う

先生と状況などのお話・・「今日一日様子をみたらどうですか」という感じっだったと

診察台の上で立たせてみると、

「いつもより頭が垂れていて、体が丸くなっている、体のどこかが痛いんだと思う、それか、頭がへん(何か異常があるのでは?という意)」

そんな様なことを言って、私の意志を押し通したように、中程度の痛み止め(と言っていた)と、もう1本赤いの、打ってもらった

説明してもらっているハズだけど・・覚えていない

先生は、「おしっこに色がでるけど、びっくりしないでね」と言っていた

確か、痛み止めの薬は・・もらったかなー覚えていない

帰りも不安定なまま車に乗って帰る。家について、だっこして家に入れた。そうだ、病院にいくときも抱っこしてくるまにのせたはず。

家に付く頃には、少し落ち着いていたように思う。

フレブルならではのおすわりもしていたし、伏せのような状態にもなれていたと思う

ハーハーと息は荒いけれど

オットが帰ってきた時には、出迎えにも行った いつもより元気がないけど。歩き方もおかしいけど。みんなより遅いけど。

いつもは特攻隊長なのですが

オットも状態を見ていた いろいろ触っていた

「左腕を触られると、嫌がるよね。 左腕をかばってるよね」

その時、私には、よく分からなかったから・・「あー、うーん、そ-かなぁ・・ああ、そうかなぁ」

と言うだけだった

ご飯の時間。先生には、「いつもよりも食べられないかもしれないです」と言われていた

その時、そう、薬 とかあったかなぁ。ご飯食べられなくて、薬も一緒に混ぜて流ちょうに食べさせられないとかって

思ったかなぁ・・覚えてない。

とりあえず、ご飯食べて、あぁ、ゆっくりだけど全部食べました。いつもは一番最後に食べて、一番最初に終わるコなのに、時間を

かけて、それでも全部食べていました。

7時半から8時の間と思う。それから、トラくんはカーペットじきの床の上でウトウトしてた

9時過ぎ・・10時くらい10時過ぎくらいかな 2時間ほどの時間の差ははっきりと覚えてないんだけど、

座って折り曲げた私のひざを背にして、完全に体右側を横にした状態で、時々、「キャッ、キャッ」て言っていた

体がそのたびにビクッビクッってなっていた

その後、私も寝たのだけど、

横向きに寝ている私の背中が妙に熱く、目が覚めた

横には、「ハッハッハッ」って、浅く静かに息をするトラくんが 私の背中にピッタリとくっついて・・体制は覚えてない

うん、ウトウトしていた。眠っていたに近いくらいウトウトしていた のだと思う

時間を見た。夜中2時45分ほどだった。

それから私はトイレに行き、ワンたちのトイレシーツの替えなどをし、冷たいお茶などを飲んだのだと思う。

私のふとんにはトラくんの姿はなかった。パッて見ると、ソファで丸くなって眠っていたように思う。

もう荒い息はしていなかったように思う。

あれからそんなに時間はたっていないのだが。まぁ、良かった。よくソファに乗れたな(ローだけど)と思いつつ、

ちょっと安心して私も眠れた。

そして、朝、目覚めた時には、トラくんはもう割りと調子が戻ってきているように思えた。

「伸び」をしていた。なんていうのか、人で例えると、まず、では、四つんばいになってください。

そして、それから両腕と両足を肩幅まで開いて、お尻をうしろに、前腕と肩やら背中の筋肉が伸びます。

次にお尻を前に出してください。太ももやらの筋肉が伸び、でも、重心が体の前にくるので、腕、肩に力が入って、背中が伸びるよう

な気がします。(私はそういう専門ではないので、ちょっとアレですが)

ヨガのようですが。ワンちゃんて、けっこうこういうの、しますよね。ストレッチ的な。

そういうな事をしたのです。次の日の朝は。

でも、いつもどおりーという感じではないように思えましたが・・て、いうか、もしかすると昨日の今日だからという勝手な思い込みか

らかもしれません。



スポンサーサイト

Posted on 2016/07/23 Sat. 22:03 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://ramuandmomo.blog.fc2.com/tb.php/154-8d31cd30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。