08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ラムとモモ+レオとトラの気分は上々♪

ラムとモモ+レオとトラの日常をつづります。あと、うちで起こったいろいろな出来事なども・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

では、締めようか。 

8月3日、昨日退院してから、いつもの生活に戻ったトラくん。異常なし。

ただ、朝のお散歩は、今日は行かなかった。もう少し家の中を動き回る、というだけのリハビリで。

昨日退院の際、お薬をもらった。抗酸化のサプリと神経のお薬が少々入ったビタミン剤なのだとか。薬を飲ませることに抵抗があるなら、別に飲ませなくても良いです、とのことだが。

そんなこと言ってないよ。その分だけ飲ませてください、ということなら、ちゃんと飲ませますよ。

これが7日分あって、それが切れたら、セカンドの先生のところへ・・、ということだったが、私はそれは、断った。

「え?もう2、3回は連絡取り合ってますよ。先生も心配してましたよ。」

と言われたが、

・・・心配?


先生はハナから専門の病院を紹介する気なんてなかったのではないかな。

私がヘルニア専門医の話を聞いたのは、その病院の薬剤師さんだ。

「先生のところでは、手術はしておられないですよね。そういった病院はどこか知っておられませんか」

というところで、今の専門医の話が持ち上がって、紹介状も出せますよ、ということになったのだ。

その先生は、ずっと投薬でいく気であったに違いない。ステロイドから神経の薬に変えて。

当面は毎週金曜日注射をうちに来てください。「それでよくなったコもいるんです。」

神経の薬も徐々に減らしていくのだろう。「ただ、どこかで、どうしても薬を切れないコもいるんですよね。」

そして、ラムちゃん2号の出来上がり。

そうやって、ラムちゃんはもう何年もその神経の薬とやらを、切れずにいる。

そして、一旦そうやって痛みの治まったコの投薬を、私は簡単にきることができない。

今回、いい先生、見つけましたよね?

うん、でも、薬を飲みながら、再発とか、もしかすると、突然、麻痺みたくなったりとか。

そういうのでなければ、やはり自分から薬は切れない。明日はまた、ラムちゃんのお薬をもらいに行ってくるよ。

ラムちゃんのお薬は、かかり付け医なんだ。

だから、今回のトラくんの件でも、私は安易にかかりつけ医のところへ行くのはイヤだった。

セカンドの先生は、その時、モモの肌を見てもらっていた。モモもずっと投薬しっぱなしだったから、去年の9月ごろ、私はかかり付け医に投薬を断ったのだ。
状態が悪くなって湿疹ができて、掻き毟る時は掻き毟るから。「様子を見たい」と。

状態がだんだん悪くなり、そのセカンドの先生のところへ行った。

最初は抗生剤投与で、すごく良くなった。それから、ステロイド治療が始まる。

「段階的にステロイドの量を減らしていきましょう、でも、どこかで、どうしても切れないコって、いるんですよね。」
その時も、そうだった。

モモは今、1mmのステロイドを、2日に1回と1日に1回、を繰り返している。
最近また、悪くなってきている。

診せに行こうと思っていた矢先、トラくんのヘルニア疑惑。

7月27日の「やっぱり!」で、私が勝手に処方した1mmのステロイドは、実は、モモの飲んでいる薬だった。


もう、行かない。

専門医の顔を立てて、1週間後には行ってくるよ。そしたら、関節のサプリを当分飲んでください、と言われるだろう。もしかすると、今の専門医のところでもらったサプリも飲んでください、と言われるかもしれない。

何日か分だけもらったら、もう行かない。モモも、もう連れて行かない。

その先生は、もっと遡ること、数年前、レオさんが車に撥ねられた時に、かかり付け医の病院が休診で、探して、慌てて行った病院だった。

初診で、診療時間ギリギリで、かかり付け医も他にいるのに、とても親切に対応してもらった。

そう、レントゲンも、とてもキレイに撮ってもらった。

血液検査もしてもらって、丁寧な説明を受け、その結果、奇跡的に大丈夫だよ、と言ってもらった。

注射も打ってもらった。そして、明日にでももう一度かかり付け医のところへ行って、もう一回注射を打ってもらってください、と言われたんだと思う。説明されたと思うけど、もう覚えてない。

親身になってくれる先生だと思った。その時は。

だから、モモも、連れて行ったし、トラくんの今回のことでも先生のところへ連れて行ったのだ。


先生の見立ては、おそらく、専門医と先生とおおよそ合致しているのではないかな。

そして、飼い主の私も、うすうす、問題があるとしたら、首だ。と、思っている。専門医の先生もそれは否定しない。


でも、もう行かない。

つらつらと綴ったこの何日間だったが、ヘルニアの話はここで一旦終わりにしようと思う。
スポンサーサイト

Posted on 2016/08/03 Wed. 16:06 [edit]

category: とらの事

TB: 0    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://ramuandmomo.blog.fc2.com/tb.php/167-986b2fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。