10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ラムとモモ+レオとトラの気分は上々♪

ラムとモモ+レオとトラの日常をつづります。あと、うちで起こったいろいろな出来事なども・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

療養食もとい、除去食とステロイド。 

「療養食」というよりも、「食事療法食」で、あった。

しかも、それは「除去食」であった。

まず、食物アレルギーを否定する、しない、という段階からのもので、

「1度でも口にしたことのある蛋白源はすべて使用されていないこと」が理想なのだそうだ。

「かゆみの原因となるタンパク質を、いままでの加水分解していたレベルよりさらに細かくアミノ酸レベルまで小さくし、
食物のアレルギーを現段階では全く出ないというレベルにしている」のだそうだ。

今、モモの食べているフードは、鳥の羽を使っているらしい。

鳥の羽って・・、手羽先のことかな?手羽先だったら食べたことあると思うけど。
羽、っていうくらいだから、羽なのかな・・。なんか、よく分からん。

が、そうなのだそうだ。

このフードと水のみを、1ヶ月から2ヶ月は続ける。うちは、今のところ目標を2ヶ月に置いています。

今、飲んでいるステロイドや抗生剤との関係もあるし。

えーと、24日の夜から与えているでしょ?その日は、ステロイド5mm1錠と抗生剤10mm半錠の薬ダブルの日でもあったのだよね。
夜、寝る前はめっちゃ掻いてたけど、寝るとき私のふとんに入ってきて、朝まで掻いている様子はなかった。
朝、まったく動かないから、死んでるんじゃないかと思って、びっくりしたくらい。

朝はずっと調子が良かった。掻いてなかった。

夕方、仕事から帰ってきたら、また掻いていた。前よりもマシかなーくらいだけど。
その晩、そして今日、はやっぱり掻いている。

今朝、散歩に行っている時と、散歩から帰ってきてから食事までの間は、良かった。
今は目の周りとか、口の周りとか、体全体が赤いよ。

でも、これは、フードを替える前から、薬を飲む前から、ずっとそう。
案外、朝は良くて、夕方から夜が悪い。

今、多少薬を飲んでいるからまだマシで、
では、ステロイド1mmを2日に1回と1日に1回を繰り返して飲んでいた時と比べて状態はどうか、
というと・・、うーん。多少はいいのかな。掻きすぎて、血が出るほどじゃないところ。

23日に病院へ行った時に体重を量ったら、8.96くらい・・だったような。
微妙に増えている。うん、微妙だが。ガンガン減るよりはいい。

冬は、ガンガン痩せていったから。

窓を閉め切ること、とか、その時の湿度、とか。冬の乾燥しすぎも駄目だけど、梅雨から夏場のじっとりした湿気、とか。
春は、梅雨に入るまでは良かったもん。でも、薬との関係がちょっと分からないのだけど。

だから!こんな時、記録しておけば!!と、思う!だから、今やっているのだけれど!
ざっくりとは覚えているけれど、文字にしておけば良かった!!

そう、それで、ハウスダストとか、環境要因、またホルモンバランスなどではないか。と思っていた。
その時なんのフードを食べていても、肌の状態はいつも変わらず悪いから。

だけど、一から絞り込んでいくよ。

だから、まず、除去食。

フードを除去食に変更した後の反応で、原因の判断ができる。らしい。

症状が改善した場合は、食物アレルギー。
症状が一部改善した場合は、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎混在型。
症状の改善が見られなかった場合は、アトピー性皮膚炎。

6週間全く改善がなければ、その時点で食事アレルギーの可能性は除外できる。らしい。

らしい。

なにしろ、やってみなければ分からない。
し、結局は投薬なのかもしれないが。でも、できるだけ絞り込むことで、状態を管理できるところはあるかもしれないし。
なるべく、体に負担のかからないような投薬の仕方もあるかもしれない。

じゃない。

犬のアトピー性皮膚炎と、モモの今飲んでいるステロイド、プレドニゾロンを調べたら、こんなことが分かった。

「ステロイド」というのは通称であって、獣医さんでもらうステロイドの大半は「副腎皮質ホルモン」というものだ(ステロイドにもいろいろ種類がある)。

アトピーの痒みには、その副腎皮質ホルモン製剤(プレドニゾロンなど)が非常に良く効く。のですと。

それは、腎臓のそばにある副腎という臓器で、自然につくられるホルモン(微量で効果をもつ化学物質のこと)であって、例えば健康な犬だったら、その自然につくられるホルモンで、

「体のなかで起きる炎症をおさえる」とか、

「体にエネルギーを取るように指令する」とか、

「異常な免疫反応をおさえる」といったふうに、体内でいろいろな働きをして、上手に体をコントロールしているのだそうだ。

だから、ステロイドを与えすぎると、副腎皮質ホルモンを体内でほとんど作らなくなる可能性もあるわけだよね。怠けちゃって、というのか、入ってくるからつくらなくてもいい、みたいな。

モモは今、飴と鞭、の状態やな。

でも、そんなにきいているようには思えないなぁ。

25日の朝は、今までのがウソみたく良かったけど。明日の朝もウソみたく掻かなかったら、やっぱりアトピー「も」あり、なのかな。
それとも、何かのアクションを起こす前の様子見期間だったら、効くか効かないかくらいがいいのかな。

そういうのは全く分からないけど。当然だけど。推測するしかない。でも、無駄だとは思ってない。だから、いろいろ調べては、悩み、綴り、をしている。

でも、動物病院のHPいろいろ見ていたら、そういうステロイドの与え方を肯定していたところがあったよ。

ということで、今日はもう寝よう。て、もう明日になってた。

スポンサーサイト

Posted on 2016/08/27 Sat. 01:01 [edit]

category: ももの事

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://ramuandmomo.blog.fc2.com/tb.php/174-245db4c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。