10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ラムとモモ+レオとトラの気分は上々♪

ラムとモモ+レオとトラの日常をつづります。あと、うちで起こったいろいろな出来事なども・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

いいコだねって・・。 

私は幼い頃 ちっとも良い子ではなかったけれど、
(今もそうで、ずーっとそうですがね!エッヘン)

じーちゃんは

「michikoはよい子だね。よい子だねー」

と、その おーきな手で、私の頭をなでてくれた。




気づけば、私も そばに寄り添って眠るモモに、

「モモはいいコだねー、モモはいいコだよぅー」
って、頭をなでているんだ σ(・ω・*)

そんで、何だか、むかーーし そうやって、私の頭をなでてくれたじーちゃんのことを思い出す。




この前、夕飯の支度をしているとき、ふ、とこのコたちの様子を見たら、

オットの横で横たわってるラムちゃんの、左腕を、モモがペロペロと舐めてた。

「モモちゃん?」

と、声をかけると、左の顔のタプタプもナメナメしてた。
それから、近くにあったボールをくわえて、なにくわぬ顔で噛みはじめた。


左腕と、顔の左のタプタプは、この前の土曜日にケンカしたとき、
モモがラムちゃんを噛んで 怪我させたほう。

ラムちゃんの 傷を舐めていたんだね。
(しかし、それは、あなたが傷つけたのですからねー!)

だけれど、いたわる気持ちが、ジャイアンモモにもあるのだなぁー
って、ちょっと感動しました。。。

ラムちゃんがモモを舐めている姿は見たことあるのだけれど、
モモがラムちゃんを舐めているのは初めて見たので・・ σ(・ω・*)

でも、もしかしたら、留守にすることが多い私たちが、
たまたま見ていないだけで、日常的にはあることなのかもしれないですよねー。


kiji_24_11_6_momo1.jpg

ラムちゃんが、「早く寝ようよ」って誘いにきたので、もう寝ます σ(・ω・*)
おやすみなさいー
スポンサーサイト

Posted on 2012/11/06 Tue. 21:43 [edit]

category:

TB: 0    CM: 2

06

コメント

グルーミングでの順位付け 

こんばんわ~

愛するペット同士がペロペロしあっていると、飼い主としてはついつい『かわい~~なんて思いやりのあるコトしてるの。やさし~』と思ってしまいがちですが注意も必要です。

私は多頭飼いしたことないので 詳しくもありませんが参考までに。。。(ほとんどはテレビからの情報です)

動物グルーミングにはコミュニケーションのほかに順位付けの意味合いもあります。特に社会性のある動物でその意味合いが強いと思います。類人猿、ライオン、イヌ科など。
強い側も弱い側もお互いにグルーミングしあいますから、単純にペロペロしてる方やお腹を見せてる方が弱いというわけでもありません。何と言うか、それまでのいきさつを踏まえた上でその時の両者の態度(カーミングシグナル)を読み取るしかありません。


今回は側にオットさん(パックリーダー)がいるのでまた意味合いが違うかもしれませんが、怪我をさせた方がペロペロするという同じ状況を見たことがあります。
友達の家のゴールデンのオス二頭の関係ですが、普段は人間の介入もあり上手くやっています。先住犬10歳をAとします。Aは同居犬とは上手くいくものの、他の犬とはとにかく合わず、ケンカをふっかけてしまう、イヌの社会性が上手く身についていないタイプです。Bは当時まだ7ヶ月くらいでしたが、社会性の確立する時期まで兄弟全員揃って育ったため犬同士の関係がとても上手なコです。
前日、おもちゃか何かを巡ってめずらしく出血までいくケンカをしたらしいのですが、AがBの肩の辺りを噛み、それ以来BはAを避けがちにして、自分で傷痕を舐めて癒しているところでした。
普段はBがAを誘い、にーちゃんあそぼーよ!と、一日中じゃれついていたのですがこの日は控えめ。Bは距離を置こうとしているのに、Aがやたらとしつこくその傷を舐めにくるのです。Bは明らかに困った、迷惑だと逃げようとしているのにAがしつこく追い詰めて自信満々な態度でペロペロする。
いきさつを知らなければかわい~で済みそうな状況でしたが、いきさつを聞いた上で見てみると、Aが過剰に順位を見せつけているような感じて、人間がBを守りAを叱るという介入をしていました。

お互いが完全にリラックスした上でのペロペロならいいのですが、経緯を考えて過剰なペロペロで、いやがっている様子がみえる場合は要注意かもしれません。
ラムちゃんがオットさんにくっついているのは単に甘えているとか定位置だというのか、それともモモちゃんに追い詰められるのがイヤでリーダーに守ってもらおうと側にいるのか。
犬同士の順位を人間が尊重するのは大切ですが、過剰な追い詰めが起こっているようなら追い詰めている方の行動に問題があるともいえます。態度のデカさ(トラブルの種)を放置してエスカレートすると大変なので芽生えの段階で叱るのも大切ですね。

URL | たけねこ #- | 2012/11/07 20:04 | edit

おぉ!! 

たけねこさん、また貴重な情報をありがとうございます!!

そのときの事を思い出してみると・・・、

オットがラムに背を向けて眠っているところに・・・、
最初はモモがオットの背中の後ろで、ボールをかじってたように思います。

次に見たときには、ラムが、オットの背中のあたりで、完全にヨコになり、
四肢を投げ出していました。
そして、モモがオットとラムの間にいて、ラムの腕を舐めてるところでした!

私が「モモちゃん?」と声をかけると、反応したのはラムのほうで、「ぶぶぶ~」
といって、顔だけ動かして私を見ました。
まるで、「なーにー?」といってるようでした。
その後、モモは、私が見てる間に、ラムのタプタプもペロペロ、という感じで舐め、
オットとラムの間から、ラムの頭前方に移って、またボールをカミカミしてました!
その間もラムは微動だにしていませんでした!

お互いに、リラックス状態でのことかな~とは、思ってるのですが・・

ワンの社会にもいろいろあるのですねー!
注意したいと思います (`・ω・´)ゞ

実は、お家にいるときはモモよりもレオくんの方がハッスルしすぎていることがあり、
うーん。。・・・まぁーフタリとも、、ですかねー
モモは興奮すると唸ってファイティングむき出しになるし、
レオくんも、遊んでいるうちに、やり過ぎで、人間に注意されることが多いのです!
でも、注意すると、フタリともすぐにやめられる程度です。
モモなどは、人間の視線で「あ、やりすぎちゃってるな、ワタシ」って感じ取り、
すぐに、そそくさとその場を離れ、ボールをくわえます。

難しいですね。躾って。人間の子どもも、もちろんそうなのでしょうけど、、
本当に、育てるって、体当たりですよね σ(・ω・*)

ホントにこんな私たちですけれど、
どうかこれから、ご指導くださいませー(めげずに・・・)(o・ω・o)ノ

URL | michikoさん #- | 2012/11/07 21:21 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://ramuandmomo.blog.fc2.com/tb.php/93-6db54436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。